メキシコに暮らす

メキシコ生活・スペイン語学習の情報発信ブログ

【海外育児メキシコ】メキシコの野菜Chayote(チャヨーテ)とは?~離乳食を作ってみた

 こんにちは、スナです。

 

今回は、メキシコで馴染みのあるChayote(チャヨーテ)という野菜をご紹介します。

 

この野菜、メキシコ人の食卓によく登場するのですが、自分で買って料理したことがありませんでした。

 

というわけで初めて買って調理してみましたので以下にレポートします! 

 

=========================================

目次 

1. Chayote(チャヨーテ)って何?

  •  ウリの仲間。見た目は洋ナシ型
  •  意外と栄養価が豊富!ダイエットにも◎
  •  お手頃価格でメキシコの食卓には欠かせない野菜

2. 離乳食として

  •  スタンダードな離乳食材として人気
  •  実際に作ってみた。その結果は・・?
  •  市販もされている 

=========================================

 

 

1. Chayote(チャヨーテ)って何?

  •  ウリの仲間。見た目は洋ナシ型

Chayote(チャヨーテ)とは、熱帯アメリカ原産のウリ科の植物です。

 

メキシコではその実を野菜としてよく使用するため、八百屋やスーパーでよく見かける食材です。

 

日本ではあまり見かけませんが、「ハヤトウリ」と呼ばれ、最初に鹿児島へ渡ってきたのが起源と言われています。

 

f:id:sunanamex:20200312170127j:plain

 こちらがChayote(チャヨーテ)。見た目は洋ナシ型で黄緑色です。

 

  •  意外と栄養価が豊富!ダイエットにも◎

ビタミンC、カリウム葉酸等を含んでおり、食物繊維も豊富です。

 

またカロリーが低い (20kcal/100gあたり)ことから、ダイエットにも理想的な野菜と言えます。

 

  •  お手頃価格でメキシコの食卓には欠かせない野菜

今回はお試しということで、大型スーパーで1個だけ購入してみました。

 

値段は1個6ペソ(=約30円)。

 

メキシコの家庭料理や大衆食堂で、スープや煮物、炒め物としてよく見かけますが、こうした安価なところが理由の一つなのでしょうね。

 

他にもお味噌汁に入れたりお漬物にしても美味しいそうですので、日本食材の代用品としても役立ちそうです。

 

 

2. 離乳食として

  •  スタンダードな離乳食材として人気

我が家では、離乳食は日本の情報を参考に進めていました。

お米(10倍粥)からはじまり、人参やほうれん草、昆布出汁・・・

 

しかし現地で手に入る食材も活用してみようと思い、メキシコ人にオススメの食材を聞いてみたところ・・・

 

必ずといっていいほどChayote(チャヨーテ)をオススメされました。

(小児科医からも推奨されました)。

 

メキシコでは離乳食としてもスタンダードな野菜で、初期(月齢5-6か月)から食べさせているそうです。

 

  •  実際に作ってみた。その結果は・・?

というわけで調理してみました。

 

① まずピーラーで皮をむき、小さくカットします。

 

② 小鍋で柔らかくなるまで煮ます(10分くらい)。

  灰汁が出るので取り除きます。

 

f:id:sunanamex:20200312172247j:plain

 

③ ピューレ状にして出来上がりです!

*我が家はハンドブレンダーで数秒です。

 

f:id:sunanamex:20200312172615j:plain

 

④ 製氷皿に入れて冷凍保存しました。

*以下写真はChayote(チャヨーテ)1個の内、3分の2の量。残りは他の調理に使いました。

f:id:sunanamex:20200312172756j:plain

 

さて、肝心のお味ですが・・・

 

淡泊であまり味はしないです。ズッキーニや大根に似たような薄~い味です。

 

子供も食べやすいからか、嫌がらず食べてくれました。

 

  •  市販もされている

Chayote(チャヨーテ)の離乳食は購入もできます。

 

メキシコではGerber社の製品がメジャーで、スーパーやコンビニ、薬局などで簡単に手に入ります。

 f:id:sunanamex:20200312153236j:plain

 

以上、メキシコならではの野菜ですが、日本や他国でも手に入る食材ですので、興味があればお試しください!