メキシコに暮らす

メキシコ生活・スペイン語学習の情報発信ブログ

【メキシコ】新型コロナウイルス状況 (2020/06/21現在)& 気になる現地ニュース紹介《「父の日だけど集まらないで!」政府が呼びかけ》

メキシコの新型コロナウイルス関連で、現地の気になるニュースを見つけました。

 

その内容がメキシコらしいと感じたので、感染状況と合わせてご紹介したいと思います。

 

 

現在のメキシコ国内感染状況

ニュース紹介の前に、まずは本日付けのメキシコの感染状況です。

 

ついに死者数が2万人を超えてしまいました

連日、新規感染者が4千人を超えており、その数も上昇傾向にあります。

 

● 感染者数(累計):175,202人

● 死亡者数    :  20,781人

(更新日時:2020/6/20  現地時間)

 

コロナマップ

f:id:sunanamex:20200621205453p:plain

出典:GRUPO MILENIO
 

6/22~6/28週に適用される信号情報が発表

全国32州の内:

● 赤   :15州

● オレンジ:17州

● 黄   :なし

● 緑   :なし

 

※信号システムとは・・・

メキシコ政府により発表された経済社会活動の再開の指針。

各州の感染状況に応じて信号色(赤・オレンジ・黄・緑)が毎週変更される。

 

気になる現地ニュース紹介

「父の日に集まらないで!」

 

本日6/21、日本は父の日です。

同じくメキシコも父の日。

 

これを受けて前日の6/20にメキシコ政府保健省のロペス・ガテル次官が以下の通りコメントを出しました。

 

「明日の父の日にあたり、家族で集まらないよう国民の皆さまへお願いいたします。」

 

「現時点ではまだパーティーや集会を行えるような状況ではありません。心を寄せ合い、他の方法で祝い、社会的距離を保ってください。」

 

<参考記事>

www.eluniversal.com.mx

 

わざわざメキシコ政府が公に呼び掛けているのには、警戒信号が緩和されたことが関係していると考えられます。

 

先週6/15より全国のうち半数の州で感染警戒信号が「オレンジ」に緩和されています。

 

※政府が発表している飲食店に対する活動指針は以下の通り

赤    :店頭販売・宅配サービスのみ

オレンジ :収容人数の50%の再開可

 

 つまり信号が「オレンジ」に緩和された州の人々が外出し、飲食店が「密」となることが予測できます。

 

これに対して政府が警鐘を鳴らしているのです。

 

こういった呼びかけは日本の報道では見ませんでしたので、

「さすがメキシコだな・・・」と思いました。

 

メキシコ人は、何より家族が最優先。その関係を大切にしているという国民性があります。 

 

母の日ほどの盛り上がりではありませんが(全世界のお父さんごめんなさい)

父の日も家族で集まったり、一緒に外食することが一般的です。

 

ただでさえ長期間の外出自粛が続いていることに加えて、

”Nueva Normalidad" (=新たな常態)と銘打ち通常生活の段階的解除が推し進められており、感染拡大は避けられないのでは・・・と思います。

 

以上、メキシコ人の文化が垣間見られる時事ニュースでしたのでご紹介させていただきました。

 

引き続き、メキシコの感染状況を追っていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。