メキシコに暮らす

メキシコ生活・スペイン語学習の情報発信ブログ

ライムはレモンでレモンはライム?メキシコ人の生活に欠かせないライムの紹介

 暑い日が続いていますね・・・。

こんな時期は爽やかな食材で涼を感じたいところです。

 

温暖な時期に栽培・収穫されるライムはメキシコの熱帯地域で栽培されているため、年中市場に出回っている食材となります。

 

今回は、メキシコの生活から切り離せないライムについてお話ししたいと思います。

 

 

f:id:sunanamex:20200808172530j:plain

 

ライムとは?

 ミカン科の柑橘類。

 

原産地はヒマラヤ周辺地域で、ここからスペイン→アメリカ大陸をはじめ熱帯地域に広まり栽培がはじまったとされています。

 

ライムには、大きく分けてサワ―ライムとスイートライムの二種類が存在します。

 

私たちが良く見かけるのはサワ―ライムの方で、こちらは大きさも二種類。

 

大サイズはレモンより一回り小さく、小サイズはすだちとほぼ同じです。

 

効能は?

クエン酸やビタミンCが豊富に含まれており、疲労回復、免疫向上、風邪予防、肌荒れ改善効果があります。

 

むかしの話では大航海時代、ビタミンC欠乏症である壊血病対策としても用いられたそうです。

 

(そういえばワンピース(漫画)のワンシーンで壊血病になった海賊をライムで助けたシーンがあったなあ~・・・あれは何年前のことだったか・・・)

 

レモンと何が違うの?

 いづれもミカン科の植物ですが、まず見た目からして違います。

 

レモンはラグビー型の黄色に対して、ライムは球形で緑色(熟すと黄色に変化)。

 

レモンの方が酸味が強く、調味料や臭み消しに重宝されています。

 

一方のライムはレモンよりも酸味が少なく、飲み物としてやアルコールと合わせられることが多いです。

 

メキシコのライム

メキシコのライムはベラクルスやメキシコ湾周辺の熱帯地域で栽培されているため、年中をと通して流通されている食材です。

 

年間120万トンを栽培。

そのうち7割は輸出されており、メキシコの主要輸出産品のひとつです。

 

輸出先の85%は北米アメリカとカナダ。

残り15%は欧州や日本を含むアジア諸国へ臆されています。

 

メキシコでのライムの呼び方がややこしい件

さて、本記事のタイトルでもある

『ライムはレモンでレモンはライム』

とはどういうことなのか? をご説明します。

 

メキシコでは、ライムのことをlimón (発音:リモン)と呼びます。英語でいうレモンです。

 

では、レモンのことはどう呼ぶのか?lima  (発音:リマ)、英語でいうライムと呼んでいるのです。

 

なお、メキシコのレモンは日本のものとは違い、酸味の少ない異なる種類のもの。

 

なんともややこしいですが、とにかくメキシコで覚えておきたいのは、ライムが欲しければ「リモン下さい。」と言えば良いということです。

 

どこで買うの?

f:id:sunanamex:20200809114045j:plain

スーパーや市場、コンビニに売っているところもあります。

 

スーパでははキロ売りです。

 

特大のカゴにドバっと入っているので、好きなものをチョイスして袋詰めにします。

 

お値段は?

 値段は時期や買う場所によりますが、現在は1キロあたり30ペソ(150円)くらい。

 

1キロで小サイズのライム10個分はあるので、1個あたり15円ほど。

(ライムの大きさによります)

 

あらゆる場面で登場するライム

タコスと・・・

メキシコ料理の代名詞・タコスを食べる上で、ライムは絶対不可欠です。

 

ライムの無いタコスとは、醤油なしで刺身を食べるようなもの。

 

日常でタコスを食べるメキシコ人

 

街のタコス屋さんのカウンターやテーブルに必ずあるコチラの入れ物。

 

サルサと呼ばれる唐辛子のソースにライム、その他のトッピングが取り放題です。

f:id:sunanamex:20200808172628j:plain

 

お酒と・・・ 

f:id:sunanamex:20200813163822j:plain

 

メキシコの名産テキーラはライムと塩と共に飲むのが主流。

 

ライムでジュースを・・・

ライムが沢山ある時は、絞ってレモネードを作ると美味しいです。

 

水か炭酸水で割り、砂糖を結構入れないと酸っぱくて飲めません。

 

ラーメンにも!?

メキシコには日本のラーメンもどきが売っていますが、ライムを絞る光景を良く見かけます。 

 

既製品の中にはライム味も・・・ 

 

articulo.mercadolibre.com.mx

 

知っておくと便利なこと

洗剤で洗うのがメキシコ流

メキシコ人の多くは皮をむく野菜は洗剤でガッシャガッシャ洗います。

 

輸送時の衛生管理上、そして袋詰めされずそのまま売っているので、決して綺麗とは言えない状態です。

 

ライムは生で使用する場合がほとんどですので、カットする前によく洗ったほうが良いです。

 

ライム絞りが便利!

メキシコにいると、料理や飲み物づくりでライムを大量に消費します。

 

そんな時に便利なのがライム絞り。

 

手動で十分ですが、プラスチックはNG!すぐ壊れます。

 

ステンレス製がお勧めです。

 


LuFu レモン絞り、手動式ステンレス鋼製ライム絞り、手持ち式みかん類絞り-超大碗付き、気楽にオレンジジュールを絞る、ビッグレモンジュール-丈夫で長持ち且つ錆びらない-食器洗い器に適用

 

日本のライム

99%がメキシコ産

日本で流通しているライムは一部国産はあるものの、ほとんどは輸入に頼っています。

 

その量は年間で170トン前後。

 

そしてその98.5%がメキシコ産とほぼ全量を占めています。

 

収穫してから食べごろとなる時期が短く、長期間輸送では味が落ちてしまうため、海外からのライムは航空便での輸入がほとんどです。

 

国産のライム

ちなみに日本の主な生産地は愛媛県

 

年2トン程と少量ではありますが、9月に旬を迎えます。

 

お値段は高め

日本でライムを入手しようとすると、かなり高くついてしまいます。

 

こちらは日本のとあるスーパーで見つけたライム。

 

f:id:sunanamex:20200808172910j:plain

 

1個あたり106.5円!!!たっか!!!

 

大ぶりのライムとはいえ、高すぎるよ、日本・・・。 

 

やはり航空輸入しているので高くついてしまいますね・・・・。

 

おわりに

日本では高価ではあるものの、たまの息抜きにライムを絞ってジュースやお酒を飲んだり、おつまみのアクセントにしても特別感があって良いかと思います。

 

日本のスーパーに行ってライムがあったら見てみて下さい!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


丸和商店 メキシコ産 ライム 5個(450g以上) / Lime 5pcs